タレント(芸能人)の起用はブランディングに活用できるの?

公開日:2024/01/17
タレント(芸能人)の起用はブランディングに活用できるの?

タレント・芸能人をプロモーションに起用する企業は多いですが、どれほどの効果が見込めるのでしょうか。うまく使うことで高い効果を発揮してくれますが、注意しなければならないポイントも多いため、難しい判断を迫られるでしょう。この記事では、タレントを起用した成功事例、ポイントなどを詳しく解説しているので参考にしてください。

タレント起用によるブランディングの効果とは

ブランディングは、製品やサービスを他社と差別化し、市場でのポジションを確立するための戦略の一環です。タレント起用はブランディング手段のひとつであり、消費者に特定のイメージや感情を植え付け、企業の価値向上に寄与してくれる効果があります。

一言にブランドというと高級品を連想させますが、それだけにとどまりません。単価が低い商品でも、この機能を求める場合はこの商品に限るといった認識を築くことで、ブランド戦略は成功します。

タレントをブランディング戦略に起用することは、他社との差別化を容易にし企業名を広く認知させる強力な手段です。清潔感のある有名タレントを起用することで、財務基盤や事業の透明性に対するアピールを実現し、信頼度を向上させます。また、好感度の高いタレントは、認知度の低い商品やサービスの認知度向上に貢献してくれるのです。

また、有名タレントの起用は、従業員のモチベーション向上にも寄与します。有名人を起用できるまでに会社が成長したという成功体験は、従業員にとっても誇りにつながるでしょう。タレントの起用には大きなコストはかかりますが、その分メリットも大きい手法です。さまざまな成功事例もあるため、タレントの起用はブランディングにおいて有力な戦略といえるのです。

タレントを起用する際に注意すること

企業のブランディングにおいては、タレントを起用することで大きな効果が見込まれる一方で、その際にはいくつかの留意点があります。タレントを起用する際に気を付けたい3つのポイントを解説します。

効果は一過性である

タレントを起用したプロモーションは、一時的に認知度や好感度を向上させられますが、その効果は継続的でない傾向があります。短期の契約期間でのメディア露出や広告では、ブランディングとしての長期的な効果は限定的です。タレントを起用したブランディング戦略は、一時的なイメージ向上だけで終わるのではなく、長期的なファン獲得にも取り組む必要があります。

ブランドにふさわしいか

タレントの選定は、好感度や知名度だけでなく、企業やブランドの価値観にマッチするかも重要です。商品やサービス、ブランドのターゲット層との関係を考慮しタレントとのマッチングを慎重に検討しましょう。ターゲット層が感情移入してくれるかを考慮しながら選定することが、ブランド構築においてはもっとも重要です。

本当に必要か

タレントを起用する前に、まず企業が抱える課題を明確にすることが必要です。ブランディングに与える、タレントを起用する影響は絶大ですが、キャッシュフローの問題や技術力不足など、経営の根本的な課題の解決にはつながりません。どちらかというと、プロモーション力不足などの課題解決に向いた手法といえます。

このケースでは、ブランドイメージを向上させることで、戦略的に売上を拡大できます。よって、まずは企業が抱える課題を明確にし、タレント起用で解決するのか検討することが重要です。

タレント起用よるブランディングの成功事例

タレントを起用したブランディングは、さまざまな企業において成功を収めています。成功のうちの多くは、マーケティングの問題解決にタレントを起用したケースです。タレントがブランドにどのような効果をもたらしているのかを、具体的な事例で見ていきましょう。

業態にマッチした起用

ユナイテッドリバーズは、中小企業からニッポンを元気にするプロジェクトに参画し、タレントを起用したプロモーションで業績向上を果たした企業のひとつです。

ペット関連事業を検討していた際に、ペット関連のSNSを発信するタレントに目をつけ、起用しました。このプロモーションにより、リスティング経由のアクセス数に対する目標達成の割合が191%上昇し、購入物件の価格代も上昇する効果がみられました。

また、女性単身者の申込数がかなり増加したという効果があらわれています。その結果、前年比1200%超えの成長を果たすという、大成功をおさめています。

ターゲットにマッチした起用

応募数も少なく、短期の退職が目立つなど、若手の人材不足に悩んでいた企業が採用活動にタレントを起用した事例です。タレントのラッピングバスやポスター、看板を通じて、25歳以下の若手に企業認知度と信頼度を向上させるプロモーションにより解決をはかりました。

その結果、従業員の応募数が4倍に増加し、エージェント利用料も半分に削減するという効果がありました。ターゲット層である若手の獲得に成功し、短期離職率も低下しています。

まとめ

タレント・芸能人の起用がブランディングに果たす役割は多岐にわたります。企業は、適切なタレント選定、ブランドとの親和性などを考慮することで短期的な成功が期待できます。しかし、効果は一過性のものになる可能性が高く、長期的な効果は見込みにくいのが欠点です。タレントを起用した後はどのようにブランドを維持するのか明確にしておくことが、継続的な企業や製品の成長の鍵となるでしょう。

【PR】幅広い広告に活用できる!
初期費用0円のタレントサブスクサービスとは?

タレントを起用した宣伝やPRはサービスや商品の認知に欠かせない

タレントを起用した広告は膨大な費用がかかってしまうというイメージがあり、とくに中小企業では利用が難しいと感じてしまいがちです。さらに、ノウハウのない企業には難しい工程が発生し、大きな負担になることもあります。これらの問題を解決してくれるサービスとして「タレントサブスク(シェアリングサービス)」がさまざまな業界から注目されています。

広告にタレントを起用したい方必見! ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)の強み

【その他】タレントサブスク・シェアリングサービス

おすすめのタレントサブスク・シェアリングサービス7選比較表

イメージ
引用元:https://accel-japan.com/

引用元:https://www.boostmktg.co.jp/bb/

引用元:https://nippon-smes-project.com/

引用元:https://skettt.com/

引用元:https://talentbank.jp/

引用元:https://subtale.jp/

引用元:https://cloudcasting.jp/
会社名ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)ビジネスブースト中小企業からニッポンを元気にプロジェクトSkettt(スケット)TALENTBANK(タレントバンク)サブタレクラウドキャスティング
特徴タレントの肖像を初期費用0円かつ月々定額で利用できるモデルを実現写真の独占使用が可能となる!1タレントにつき300枚以上の写真から選べる!ブランディング・アワード・ビジネスマッチング・SDGs支援の4つの柱がある!交渉タレント数800名以上!事務所提携数60名以上!タレント起用だけでなくその後のプロモーションまでサポート!さまざまなシーンで活用できる!プロモーションボイス・ソングも制作可能!年間成立オファー1万件超!登録キャスト3万人以上!サイト上ですべて完結!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】幅広い広告に活用できる!初期費用0円のタレントサブスクサービスとは?