タレント(芸能人)を広告に起用する効果は?メリットやデメリットを解説

公開日:2024/01/18 最終更新日:2024/02/16
タレント(芸能人)を広告に起用する効果は?メリットやデメリットを解説

タレントを採用した広告は、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?それほどまでに採用されているのには、さまざまな理由があります。そこで本記事では、タレントを広告に採用する効果について詳しく紹介していきます。タレントサブスクサービスを契約するか迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

タレントを広告に起用する理由とは?

芸能人を広告に採用する理由としては、大きな広告効果を期待できるから、注目を集められるからなどの理由があります。芸能人を使う広告もそれ以外の広告と同様に大きな効果を出すことは簡単ではありませんが、しっかりと調査し商品や目指す広告効果にあった芸能人を見つけることができれば、費用以上の大きな効果が期待できます。大きな注目や商品イメージの向上を図りたいのであれば、芸能人を起用する広告が最適です。

タレントを広告に起用する効果

芸能人を広告に採用する効果としては、注目を集められることやイメージアップが期待できることなどの効果があります。ここでは効果について詳しく解説していきます。効果を把握して、広告の選択に役立ててください。

注目を集められる

芸能人を広告に採用すると、注目を集める効果が得られます。なぜなら、商品だけの広告では、商品に興味を持たれなければ注目してもらえませんが、芸能人を採用した広告であれば商品に興味がない人でも芸能人に注目することで同時に商品まで見てもらえるからです。

イメージアップを期待できる

広告に芸能人を採用すると、イメージアップが期待できます。なぜなら、芸能人を採用することによって芸能人の好感度にあやかることができるからです。世間によい印象を持たれている芸能人を採用すれば、商品にもよい印象を持ってもらえます。

好きなアイドルがCMをやっていたことを決めてに商品を選んだ経験がある方は多いのではないでしょうか?広告に芸能人を採用すると、これまで商品を一切認知していなかった人にまで、選択肢のひとつとして認知してもらうことが可能になります。

タレント起用時の重要ポイントと注意事項を解説!

最後に広告に芸能人を採用する際の重要ポイントと注意点を解説します。芸能人の採用はメリットが多いですが、同時にデメリットも存在するため、メリットだけを見て決めてしまうと後悔することになるかもしれません。芸能人起用を決める前に必ず重要ポイントと注意点をチェックしておきましょう。

商品イメージが引っ張られる可能性がある

広告に芸能人を採用すると芸能人の力で簡単に注目やイメージアップが図れるため、一見するとメリットしかないように感じるかもしれませんが、実は大きな落とし穴があります。それは、芸能人のイメージに商品イメージが引っ張られる可能性があることです

芸能人に良いイメージだけがあるのであれば、必然的に商品もよいイメージが付くようになりますが、悪い噂がある場合には悪いイメージを持たれるケースも珍しくありません。

特に芸能人が大きな不祥事などを起こしたり、裏で人にいえないようなことをしていたりした場合、商品のイメージが落ちる上に、契約期間中でも広告が使えなくなります。このように、メリットだけではなくデメリットも少なからず存在するため、広告に採用する際は慎重に判断して決めるようにしましょう。

使用できるメディアを限定している場合がある

芸能人を広告に採用する際は、芸能人によって使用できるメディアを限定している場合があることにも注意しましょう。芸能人を広告に使用する場合、広告を掲載する期間分の契約料を支払う事になりますが、契約料を支払ったら自由に肖像権を使える訳ではありません。

あくまでも契約で決められたルールの中でしか使用することはできないため、しっかりと使用用途や範囲を明確にしてから契約を結ぶようにしましょう。契約を結んだ後で広告掲載期間などを変更する場合、都度見合った報酬を追加で支払うことになります。

競合他社と同じタレントを使ってはいけない

広告に芸能人を採用する場合、競合他社とは被ってはいけないというルールが存在します。これはどういうことかというと、芸能人を使う広告では芸能人イコール商品という印象が広告によって作り上げられていくため、競合他社の似た製品の広告に同じ芸能人が採用されてしまうと、これまで作り上げたイメージが盗られることになります。

そのため、暗黙の了解として被らせないというルールが存在しており、間違って被らせてしまうとトラブルに発展するので注意しましょう。暗黙の了解となっていることで明確に契約書に記されていないケースが多いため、調査しなくても本人が被っていたら断ってくれると甘く考えていてはいけません。

なお、あくまでも競合他社の似た製品間の話であり、スポーツドリンクの広告とメガネの広告のようにかけ離れた製品間では被りに注意する必要はありません。

効果は認知度に左右される

芸能人を使ったとしても、必ず同じ効果が得られる訳ではありません。なぜなら芸能人は、それぞれファン層や持たれている印象などが違うからです。とりあえず有名な人に頼んでおけば、費用以上の効果が得られる訳ではない点に注意しましょう。

キャスティングがとても重要なため、これまで芸能人に頼んだ経験がないのであれば、キャスティング会社や豊富な選択肢から自由に芸能人を選べるサブスクサービスの利用がおすすめです。

まとめ

本記事では、タレントを広告に採用する効果について紹介しました。いかがだったでしょうか?芸能人を広告に採用すると注目や商品イメージの向上が図れます。しかし、イメージアップが可能なことと同時に芸能人の行動によってはイメージダウンの可能性も秘めている点には注意が必要です。芸能人を広告に採用する際は、流行だけでなく芸能人が持つファン層や競合が採用している芸能人などもチェックして決めるようにしましょう。本記事がタレントサブスクサービスを契約するか迷っている方のお役に立てれば幸いです。

 

【PR】幅広い広告に活用できる!
初期費用0円のタレントサブスクサービスとは?

タレントを起用した宣伝やPRはサービスや商品の認知に欠かせない

タレントを起用した広告は膨大な費用がかかってしまうというイメージがあり、とくに中小企業では利用が難しいと感じてしまいがちです。さらに、ノウハウのない企業には難しい工程が発生し、大きな負担になることもあります。これらの問題を解決してくれるサービスとして「タレントサブスク(シェアリングサービス)」がさまざまな業界から注目されています。

広告にタレントを起用したい方必見! ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)の強み

【その他】タレントサブスク・シェアリングサービス

おすすめのタレントサブスク・シェアリングサービス7選比較表

イメージ
引用元:https://accel-japan.com/

引用元:https://www.boostmktg.co.jp/bb/

引用元:https://nippon-smes-project.com/

引用元:https://skettt.com/

引用元:https://talentbank.jp/

引用元:https://subtale.jp/

引用元:https://cloudcasting.jp/
会社名ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)ビジネスブースト中小企業からニッポンを元気にプロジェクトSkettt(スケット)TALENTBANK(タレントバンク)サブタレクラウドキャスティング
特徴タレントの肖像を初期費用0円かつ月々定額で利用できるモデルを実現写真の独占使用が可能となる!1タレントにつき300枚以上の写真から選べる!ブランディング・アワード・ビジネスマッチング・SDGs支援の4つの柱がある!交渉タレント数800名以上!事務所提携数60名以上!タレント起用だけでなくその後のプロモーションまでサポート!さまざまなシーンで活用できる!プロモーションボイス・ソングも制作可能!年間成立オファー1万件超!登録キャスト3万人以上!サイト上ですべて完結!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】幅広い広告に活用できる!初期費用0円のタレントサブスクサービスとは?