広告にタレントを起用する際の依頼方法とは?

公開日:2024/01/17 最終更新日:2024/03/15
広告にタレントを起用する際の依頼方法とは?

企業の商品やサービスの知名度をあげて効果的に集客するためには、イメージにあうタレントを起用して宣伝するのがおすすめです。ただ、そのための手順やキャスティング費用の相場、依頼方法などがよくわからないという方も多いと思います。そこでこの記事では、タレントのランク別費用相場や依頼方法、費用を抑えるコツなどを詳しく解説します。

タレント広告のキャスティングはどのくらいかかる?

まずは、広告にタレントをキャスティングする際にかかる費用について解説します。結論を述べると、キャスティングにかかる費用は、依頼するタレントのランクや知名度によってかなり異なるといえます。具体例を4つのランクに分けてあげてみましょう。

大御所のタレント・芸能人など

最高ランクに属するのは、大御所のタレントや芸能人などで、人気の女優や俳優、アーティストなどもここにふくまれます。抜群の宣伝効果が期待できるものの、このランクのタレントを起用するときの費用相場は約1500万円~とかなり高額です。

人気のタレント・芸人など

2番目に高いランクに属するのは、人気のタレントや芸人などで、人気のグラビアアイドルなどもここにふくまれます。宣伝効果は高いものの、費用相場は約500〜1,200万円とやはり高額だといえるでしょう。

それなりに知名度のある芸人・タレントなど

3番目のランクに属するのは、それなりに知名度のあるタレントや芸人などで、グラビアアイドルや人気のモデル、人気雑誌のモデルなどもふくまれます。このランクだと、費用は約300万円~500万円程度に抑えられます。

駆け出しの芸人・デビュー直後のタレントなど

4番目のランクに属するのが、駆け出しの芸人やデビュー直後のタレントなどで、デビューから日が浅いグラビアアイドルや雑誌のモデルなどもふくまれます。このランクだと、費用は約20〜300万円で、そこまで高額にはなりません。ただし、知名度が低すぎると思うような宣伝効果が得られないかもしれないというリスクはあります。

タレント広告の依頼方法

次に、タレントに広告を依頼する方法を4つ紹介します。

所属している事務所に依頼する

1つめは、起用したいタレントが所属する事務所にHPにて問い合わせるという依頼方法です。この方法の大きなメリットは、企業側の希望が事務所を通して伝えやすいということです。

一方、デメリットとしては、タレントの起用に関する知識が必要な点があげられます。知識を身につけていない状態で交渉すると思わぬトラブルのもとになりかねないので、はじめてのタレント起用には向いていません。

キャスティング会社へ依頼する

2つめは、キャスティング会社へ依頼するという方法です。キャスティング会社は、芸能事務所と企業のマッチングを行い、タレントを起用したい企業に代わって交渉まで進めてくれる会社です。

この方法の大きなメリットは、とにかく手厚いサポートを受けられることです。企業側は、希望や予算を伝えるだけでキャスティング会社からの提案を受けることができるので、タレント起用がはじめての場合には特におすすめです。ただし、依頼にあたって数百万円以上の大きな予算が必要な場合もあるのがデメリットといえます。

タレントのサブスクサービスを使う

3つめは、タレントのサブスクサービスを使うという方法です。この方法は、月額料金を支払うことで、タレントの写真を使えるようになる、タレントを起用できるようになるというものです。タレントの起用をサポートしてもらえるという点では、キャスティング会社に依頼する方法と似ています。

しかし、月額料金が10万円程度のサービスもあり、キャスティング会社に依頼するよりも費用を大幅に抑えられるのが大きなメリットだといえるでしょう。また、企業の商品やサービス内容とタレントのイメージがうまくあえば、顧客層が一気に広がるという利点もあります。一方、お手頃な価格で利用できる素材は、すでに撮影されたものに限定されてしまうことがデメリットです。

直接依頼をする

4つめは、タレントにSNSのDM機能などを通して直接依頼するという方法です。近年はSNSを利用しているタレントも多いので、特定の事務所に所属していないタレントに対しては有効な方法だといえるでしょう。ただし、所属事務所に依頼する方法と同じく、企業側にタレント起用の知識がないと交渉がうまくいかない、トラブルが発生するなどのリスクがあります。

タレント広告の費用を抑えるコツ

比較的低価格でスムーズにタレントを起用するには、サブスクサービスを使うのがおすすめです。ここからは、サブスクサービスのほかに費用を抑えてタレントを起用するコツ3つを紹介します。

1つめは、一般人をモデルとして採用し、イチから育てるという方法です。モデルの未経験者やまだ経験の浅いモデルは安い料金で起用できるのが大きなメリットです。撮影に慣れていないというデメリットもありますが、場数をふめば次第にスムーズに撮影できるようになるでしょう。

2つめは、広告の使用期間をしぼるという方法です。この方法は、人気や知名度の高いタレントを起用したいときにおすすめだといえます。

3つめは、撮影地の近隣に住んでいるモデルを起用するという方法です。この方法には、モデルに支払う交通費を削減できるというメリットがあります。

まとめ

この記事では、企業の商品やサービスの広告にタレントを起用したい人のために、タレントのランク別費用相場やさまざまな依頼方法、できるだけ費用を抑えるコツなどを詳しく解説しました。どのランクのタレントにどのように依頼するかによって、かかる費用や手間は大きく異なります。ぜひ、記事を参考にしてより効果的な依頼方法を検討してみてください。

【PR】幅広い広告に活用できる!
初期費用0円のタレントサブスクサービスとは?

タレントを起用した宣伝やPRはサービスや商品の認知に欠かせない

タレントを起用した広告は膨大な費用がかかってしまうというイメージがあり、とくに中小企業では利用が難しいと感じてしまいがちです。さらに、ノウハウのない企業には難しい工程が発生し、大きな負担になることもあります。これらの問題を解決してくれるサービスとして「タレントサブスク(シェアリングサービス)」がさまざまな業界から注目されています。

広告にタレントを起用したい方必見! ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)の強み

【その他】タレントサブスク・シェアリングサービス

おすすめのタレントサブスク・シェアリングサービス7選比較表

イメージ
引用元:https://accel-japan.com/

引用元:https://www.boostmktg.co.jp/bb/

引用元:https://nippon-smes-project.com/

引用元:https://skettt.com/

引用元:https://talentbank.jp/

引用元:https://subtale.jp/

引用元:https://cloudcasting.jp/
会社名ACCEL JAPAN(アクセルジャパン)ビジネスブースト中小企業からニッポンを元気にプロジェクトSkettt(スケット)TALENTBANK(タレントバンク)サブタレクラウドキャスティング
特徴タレントの肖像を初期費用0円かつ月々定額で利用できるモデルを実現写真の独占使用が可能となる!1タレントにつき300枚以上の写真から選べる!ブランディング・アワード・ビジネスマッチング・SDGs支援の4つの柱がある!交渉タレント数800名以上!事務所提携数60名以上!タレント起用だけでなくその後のプロモーションまでサポート!さまざまなシーンで活用できる!プロモーションボイス・ソングも制作可能!年間成立オファー1万件超!登録キャスト3万人以上!サイト上ですべて完結!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら

おすすめ関連記事

【PR】幅広い広告に活用できる!初期費用0円のタレントサブスクサービスとは?